男の人

フィンペシアの副作用について|医師と解決に向かおう

男性

男性型脱毛症の治療

フィンペシアは男性型脱毛症の治療薬として優れていて価格もリーズナブルですが日本では未認可です。未認可の薬を利用する場合は副作用が気になりますが、妊娠中の子供が男児の場合に生殖器に異常をきたす恐れがありますので女性は注意が必要です。乳がんも指摘されていますが、因果関係は解明されていません。

サプリメントを持つ人

プロペシアのジェネリック

フィンペシアの副作用は、消化器系の不快等があります。特に副作用として注目されているのが、男性に拘わる内容です。勃起不全や性欲減退が少数報告されています。フィンペシアは個人輸入でしか手にいれる事はできません。使用は自己責任の為、副作用を考慮して正しく使用する事が大切です。

メンズ

薄毛改善に人気の治療薬

男性の薄毛の原因の多くを占める男性型脱毛症の原因に働きかけることからフィンペシアは人気の薄毛治療薬となっています。毎日一錠を飲み続けるだけで抜け毛を減らし薄毛を改善することが出来ます。しかし希に精力低下等の副作用が現れることもありますので、症状が現れた際には一度服用を中断し今後のことを考えましょう。

薄毛治療に役立つ薬

頭部

薬の効果と特徴

薄毛治療として内服薬を使うケースが増えており、処方される薬としてプロペシアとフィンペシアがあります。プロペシアのジェネリック医薬品がフィンペシアで、プロペシアの半額程度の費用で済むため経済的な負担が減ります。薄毛治療としてフィンペシアを飲むときは長期間にわたりますが、薬に耐性はないため効果が弱くなる事はありません。プロペシアやフィンペシアは臨床試験が何度も行われており、男性型脱毛症の80%程度の人に効果が現れます。また効果が現れなくても継続して飲み続けることで、ほとんどの人が効果を感じる事ができるため、すぐに効果が出なくても飲み続けましょう。フィンペシアを利用する時に注意が必要なのは副作用で、自分だけで治療を行うよりも、医師と相談しながら薄毛治療を行うことが大切になります。フィンペシアの副作用としては男性ホルモンを抑制するため、継続して飲み続けると勃起不全になる可能性があります。勃起不全は性欲減退が原因になっているため、フィンペシアの摂取を止めればすぐに改善します。性欲減退の副作用は発症する確率は低いですが、医師と相談せずに自分の考えだけで薬を摂取していると、発症するリスクは高まります。その他の副作用としては肝機能障害が起きる可能性がありますが、肝臓が弱っている人に起こる副作用なので、医師と相談していれば安全です。フィンペシアは男性ホルモンの生成を抑えるため、性欲減退などの副作用はありますが、医師と相談して利用すれば健康を害する副作用はないです。